京つう

  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2010年05月17日

☆うつ病について☆

うおぬまんです。

ヤフーの記事(5月16日産経新聞より)にて、鬱に関する事柄が載っていた。

(以下抜粋)

仕事などのストレスから、精神疾患を患う人が増えている。増え続ける鬱病(うつびょう)を防ごうと、長妻昭厚生労働相は先月、企業が行う健康診断で精神疾患に関する検査を義務づける方針を示すなど、国も対応に追われている。一方、街には「サラリーマンのための心療内科」「即日診察、予約不要」といった看板が増え、精神科の門はたたきやすくなった。しかし、中には急患に備える夜間の精神科救急に押しかけ、「自分は鬱と診断されたので薬がほしい」などと訴える患者もいるようだ。精神科の現場で、何が起きているのか。(今泉有美子)
(後略)

続きを読みたい方は
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100516-00000506-san-soci

鬱病に関しては私自身大学の授業で少し学んだ程度であるが、興味のある分野です。
精神疾患の一症状としての位置づけだと思いますが、最近、世間では何かと‘鬱’という言葉だけが先行しているような印象を受けます。
鬱という言葉だけが先行して、正しい知識として捉えられていないというのは怖いことだと思いました。
ストレス社会において、メンタルヘルスの重要性と、一人ひとりが正しい知識を身につけることの大切さについて考えさせられました。



同じカテゴリー(日記)の記事画像
☆赤い流星☆
竜馬通りと月のとき
同じカテゴリー(日記)の記事
 ☆京都の夏☆ (2010-07-20 22:05)
 ☆赤い流星☆ (2010-05-16 23:40)
 竜馬通りと月のとき (2010-04-13 23:51)

Posted by うおぬまん  at 00:17   │  comments:(0)  │   日記



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。